2019年04月27日

正に、ピンチはチャンスでした

今回、私の入院中、こうくんは平日はショートステイと生活介護で過ごしました。

とてと穏やかに過ごしてくれて、本当に有り難かったです。

家族や支援者に感謝です。

それと同時に、四畳半プロジェクトの成果もあったかなと思っています。


2016年始め

共有スペースであるリビングでこうくんスタイルを通されてしまうと、我が家では良くても、この先の生活が狭まると思い、自室で過ごして、必要な時に出て来るスタイルを獲得してもらおうと「四畳半プロジェクト」を開始しました。

この3年、あれこれ試してきて、今の形があります。


09A38107-FB1F-49DE-AE0A-F955B2D99D6F.jpeg

ソファーが壊れたので撤退したら、カーテンにくるまって遊ぶように、、、

こんな同居人な、嫌だ!笑笑

ってことで、四畳半プロジェクト開始!

マットレス時代が一年続きました。


184D7833-7077-4AAE-A498-E4FD58540E0F.jpeg

生活介護でソファーが定着してきたので、ソファーを入れてみました。

ついでに母の希望でテーブルも入れましたが、速攻で部屋から出されてしましました。笑笑

お風呂に入る前にお掃除するのがルーチンになりました。


2019年

こうくんの四畳半完成。


同じスタイルで、生活介護やショートステイでも過ごしているので、とても落ち着いています。


2016年からショートステイ1泊の定期利用を初めて、その中で、行動支援シートを作ってもらい、誰でも支援できることを目指してきました。


D5C68A87-94AD-4B3E-A39A-11F26859BE85.jpeg


1年たって、それが出来てきた2017年の4月、初の2連泊を試みましたが大失敗。

見通しグッズが、全く伝わっておらず、連泊後の定期利用の宿泊を拒否。

立て直しに半年かかりました。


そこからあれこれ試して、10年ほど前にすこーしだけわかってた週間スケジュールを単純にしたもので手応えを感じたので、2018年12月に満を持して2泊に再挑戦。

穏やかに過ごし、連泊後も全く問題なく、その後の日常に戻ることができました。


260D8A57-3897-4F7D-A701-5F7D39950EF5.jpeg


その1カ月後に、母の病気が判明。

2連泊の成功があったから、こうくんの4泊5日のショートステイを選ぶ事ができました。

こうくんは、わかるやりとりがが保証された見通しのある中で、穏やかに過ごすことがでたのだと思います。


そして

まさかの合併症での母の再入院。

こうくんは、1泊の予定が4泊5日になりましたが、家の写真がショートステイの写真に変更されると「えー」という顔をしながらも、まぁ、いいか、という感じで応じてくれたと記録にありました。

再入院の時は1.2年めのスタッフが入れ替わり立ち替わりで対応してくれました。

いつも使っているお部屋は別の方が使っていたので、泊まるお部屋も違いましたが、ソファーとベッドと要求グッズがあれば大丈夫だった様です。

この3年間の経験と積み重ねて作ってきた行動支援シートがあったから、出来たことだと思います。

こうくん、ありがとう!

スタッフさん、ありがとう!!!


4畳半プロジェクトやっててよかった。

ショートステイで連泊の練習してて良かった。


手術入院は大変だったし、再入院はめっちゃイヤだったけど、そのおかげで学んだこと、気づいたこと、有り難かったこと、いっぱいありました。

やはり、ピンチはチャンスですね!!


posted by こうまま at 19:07| Comment(0) | 子育て・子育ち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: