2021年12月18日

TEACCHとよかわ初のリアル勉強会!

27C1F259-0A6C-47BA-BF4E-4D3348DF9596.jpeg
昨年の8月から始めたTEACCHプログラム研究会愛知県支部の豊川勉強会。
ずっとzoom開催だったのですが、コロナの感染が少しだけおさまったこの時期に、初の対面開催が叶いました。
先月、自立課題のセミナー動画を視聴して
今回は実際に作ってみよう!ということで。
わいわいやりながら、ゆる〜く。
やはり、直接会って話せるのはいいです。

昔馴染みの参加者さんから
「10年前のこうままは、こんなに優しくなかった。
作ってきた課題をざかざか壊して再構造化してた」と暴露され。
た、たしかに。
青かったあの頃。
posted by こうまま at 00:00| Comment(0) | 講演会・勉強会

2021年03月20日

zoomで輪読会

zoomで何が良かったかって
遠くの「輪読会」に参加できるのが私にとってはとてもメリットが大きかったです。
分厚い専門書はなかなか一人では読破できないものですが
定期的に時間が決まっていて、仲間で読み進める輪読会なら継続できます。
でも、山奥に住んでる私にはとても無理なことでした。
それが、zoomだと参加できるのです!!

現在、広島と南大阪のPECSサークルの輪読会に参加していますが
業務で出られない日もありつつも、継続参加できています。
rindokuP210318.jpg
(広島PECSサークルの3月の輪読会。この日はネグロン先生のグループコンサルもありました。)
声に出して読んで
気づきを共有して
意見交換
ZOOMでの輪読会は赤丸でおすすめです。
posted by こうまま at 00:00| Comment(0) | 講演会・勉強会

2021年03月01日

ZOOMってすごい

先日、宮城県の「ハッピーピース」さんからのご依頼で
親としての話をたっぷりさせていただきました。
happyP210227.jpg
実は、主催されている本郷さんが私のHPに「とても救われた」と言ってくださっていて
それがきっかけで、HPを頑張ってお引越ししようと思ったのでした。
本郷さん、きっかけをありがとう!!

この日も、ママたちが真剣に聞いてくれて
めちゃくちゃ長文の素敵な感想をいただきました。
共感してくれたり気づきがあったと言ってもらえることは
私にとっても励みになります。

happyP210227-2.jpg
ZOOMがバージョンアップされて
こんな風に画面を配置できるようになって
リアルな感じでやり取りできるようになったのはすごいことだと思います。
なかなか宮城まではいけないから、ZOOMに感謝です。
posted by こうまま at 00:00| Comment(0) | 講演会・勉強会

2021年01月09日

だから、自立課題が好きなの。

今月のスタッフ研修は「自立課題」
毎年、アセスメントして実際に課題を作るという研修をやっています。
今年は一か所に集まれないので、4つの拠点をzoomで繋いで、講義をして
各拠点ごとに利用者さん役の人をアセスメントして構造化したタスクを作り、再アセスメントして再構造化するまでの流れをやってみました。
いつもはグループで作ってましたが、今年は一人一つ作ったので、最後に30個以上のタスクをシェア。
スクリーンやPCの画面越しでしたが、壮観な眺めでした。

7EC02C4E-A1B2-443D-9E17-0A9E505773B8.jpeg

どこの事業所も、利用者役がかなり上手くやってくれたようで、何度も再構造化した様子もシェアできました。
今回のテーマが「余暇」だったこともあり、みかん狩りとか魚釣りとかダーツとか7並べとか、楽しいタスクがいっぱいでした。

自立課題のすばらしさは、もちろん自己肯定感を高める(ドヤ顔がいっぱいになる♪)というのが一番だと思いますが
本人を理解するのにすごく役立つというのがあります。
こんな風に設定するとできる
とか
こんな風にすればうまく終われる
とか
ここにこれがあると引っ張られるから隠したほうがいい
とか。

状況理解が苦手とか、注意が転動するとか、空間の整理統合が苦手とか、そういう特性を単語としては知らなくても、メガネの度数を合わせるように、タスクを本人がやりやすいように合わせて作っていくことで、本人の特徴がわかってきます。

というか、単語だけを知っていても、それは特性理解とは言いませんよね。

本人を理解するのに、自立課題を作っていくプロセス(アセスメント〜構造化〜再アセスメント〜再構造化)がとても役に立つのです。

今日も、数字が大好きな成人の方のタスクで

サイコロふって出た数字の指定された色のカップを取って順番に並べていくというゲームで
ゲームのルールはちゃんとわかる人だったのに、カップを置く場所に数字を書いてしまったために
その数字に引っ張られて大混乱!!という事態に。
余計な情報を入れてしまたっために、指示も組織化も明瞭化も一瞬で吹っ飛んだ事例でした。

自立課題をたくさん作ることで本人の認知特性が理解できると、それが日常生活にもとても活かされます。
指示の仕方や整理の仕方や刺激の統制の仕方、終わらせ方などがわかるから。
だから、先生や支援者だけでなく、パパやママが作るといいのです。

難しい単語しらなくても、特性に合わせた構造が作れるようになる(工夫できる)ようになるから。

で、普段の生活がとっても楽になる。
生活のあちこちが自立していくから。

昨年は親御さん向けのお勉強会では自立課題ができなかったので
今年は工夫して開催ようと心に誓いました。

画面越しに1対1で再構造化のアイデアをお伝えすることはできそうだし。
それに、zoomならスマホで撮ったアセスメント動画を共有することができるかも。
そんなことをつらつら考えています。
もう、リモートでやれることをとにかく見つけてやっていくしかないですものね。
posted by こうまま at 23:01| Comment(0) | 講演会・勉強会

2020年12月27日

自立課題ってホントにすごいんです!!

昨夜は、TEACCHとよかわ勉強会の3回目
愛知県支部代表の林さんによる「自立課題ってすごいんです!」が無事おわりました。
地域学習会なので、この圏域の方に限定していますがなんと32名もの参加がありました。
コロナ禍だからこそ、なかなか家から出られないこの時期からこそ届けたいという強い思いで、林さんにいろいろわがままをいって年末のこの時期にお願いしました。
実現できて、ほんと良かったです。

たくと大府から配信していただいたので
自立課題の考え方やアセスメントの仕方、構造化の仕方といった講義だけでなく
「現場」から生の「自立課題」や「ワークシステム」をお茶の間に(笑)お届けすることができたと思います。
利用者さんが実際にやっている場面の動画もふんだんに見せていただくことができて、めちゃくちゃ贅沢な内容だったと思います。

131794B8-61AE-4742-BDE8-C33CE4CF95A7.jpeg

今回は、そこがメインじゃなかったので深堀りしたい気持ちを抑えましたが
行動障害の激しい方を受け入れて支援しているたくと大府ならではの動画があって
わかる活動、安心できる環境の大切さが再確認できました。
所狭しと並んだ自立課題は圧巻で、「これ、触らないんですか?」とわざと突っ込みを入れました。
自立課題って倉庫にしまっておいてやるときだけ出すという事業所、とても多いと思います。
でも、いつやるのかがわかれば勝手に触らないし
自分がわかって落ち着ける大事なものを壊したりなんかしないんですよね。
我が家の息子殿も、紙やプラスチックを粉々にして遊びますが、大好きな自立課題を粉々にしたりなんか絶対しません。
そういうことです。

今回、キューピー三分クッキング風の実況や、現場からの実況中継の際に林さんが一人でやるのはさみしいとおっしゃるので、私が上沼恵美子風にスタジオからボケと突っ込みを入れるという体でやってみたのですが、スピーカービューだと画面がその都度入れ変わっちゃって邪魔なので、スポット機能を使ってみました。
動画にはしっかり反映されてましたが、実際に見てたみなさんはどうだったのか検証して次回に活かしたいと思っています。
みなさんに内容をしっかりお届するには技術も大事だと痛感している今日この頃です。精進します。

林さんの「現場からは以上です!!」が全国に広がることを夢見て
zoom配信のスキルアップに励みます!!(違うか)
posted by こうまま at 10:11| Comment(0) | 講演会・勉強会

2020年12月06日

TEACCHプログラム研究会愛知県支部の実践報告会

本日、われらがTEACCHプログラム研究会愛知県支部代表の林さんによる実践報告会でした。

たくと大府の施設をPCを移動させながら見せてくださって
「現場からは以上です!」
もう、まさに!って感じでした。
セミナー会場では出せない現場感と、施設見学では説明しきれない部分がしっかり語られ、zoomの強みが思い切り発揮されていました。
zoomならではの試みでした。
スタッフさんの受け答えを見ていて、きちんと人材育成されてるなー、素晴らしいなーって思いました。

あと「数こなすのが大事」って言ってから氷山モデルシート103枚出したのが圧巻でした。
実践者の説得力ある言葉に感動しました。

私は配信担当だったので、録画もしつつライブ配信というダブルで臨みました。
途中、あちこちPCを動かしたせいか、たくと大府の通信環境が悪くなって林さんが止まってしまい大慌てしましたが、ちょうど音声だけでも大丈夫な場面だったので何とかなりました。
あとで編集しなくていいように気をつけてライブ配信してたので、編集作業もないから、お役目これにて終了!
いやぁ
ホント、いい、発表でした。
林さんとスタッフのみなさん、ありがとうございました!!

231D8EB1-2804-475B-8A25-9F3F58369700.jpeg
posted by こうまま at 18:53| Comment(0) | 講演会・勉強会

2020年08月29日

TEACCHとよかわ始動!!!

本日、TEACCHプログラム研究会愛知県支部の豊川勉強会の記念すべき第一回定例会が無事開催できました。
知り合いの保護者から地元で保護者と支援者が一緒に学べる機会が欲しいと相談されていて。
それならTEACCH研がいいだろうってことで、今年5月から開始するつもりで準備していたのですが、コロナで集まれなくなってしまって。
発起人4人でいろいろ話し合って、zoomでの開催にこぎつけました。

0447E608-14EF-4EC2-B31D-EB51184B8F71.jpeg

初回からzoomになっちゃったにも関わらず、参加者なんと37名。
こんな田舎で37名。凄い。
zoom初めての方も多かったので、事前に練習会もやって、今日の入室はみなさんスムーズでした。

保護者と支援者がほぼ半々で良い感じ。
まずは、第一歩が踏み出せました。
私は事務局とテクニカルサポートでお手伝い。
アーカイブ付きなので、途中でお子さんの対応で抜けてもあとで動画見られるから安心!
youtubeライブ配信出来る様になってて、ほんと良かったよぉ〜。
課題は今後の会費の集め方。(今回はタダ)
もともと、リアルで集まるのを前提にしてる地域勉強会なので、銀行口座とかないし、できれば今後もなしでやりたいから、このままzoomが続く場合、どうやってもらうか考え中。
どうしようかなぁ。
posted by こうまま at 00:00| Comment(0) | 講演会・勉強会

2020年07月25日

強度行動障害と意思決定支援

TEACCH研究開発愛知県支部主催の「強度行動障害と意思決定支援」
無事終了しました!!

かなり濃密で刺激的で素敵なセミナーだったと思います。
まーさんも門先生も本当に魅力的なお話しをして下さいました。
私も頑張ってお話させていただきました。
3人とも時間ぴったりで、運営側としても、とても有り難く、タイムテーブル通りに進行することができました。
ネタバレになるといけないので内容は控えます。

いやー、ここまで、良く頑張った、自分。
企画した時はまさかコロナでリアルなセミナーが出来なくなるなんて思ってもいなくて。
この企画は、私がすっごい勇気出して企画したものだったので、出来ないなんてとっても悲しくて嘆いていたら、まーさんがzoomでできるよって教えてくれて。
zoomなんてとても無理って思ってたのに、まーさんが背中を押してくれて、よつばもこさんが手ほどきしてくれて、世話人の皆さんもやろうと言ってくれて、いっぱい準備して練習して。

youtubeでライブ配信なんてそんな魔法使いみたいなことできるわけないと思ってたのに、長野の樋端先生が最後まで粘り強く付き合ってくださって。
広島の増谷さんが当日のテクニカルサポートして下さって。
本当に感謝です。
この企画が実現できたのはみなさんのおかげです。
ありがとうございました。
私は本当に周りの人に恵まれています。

そして今回、ものすごーく苦手分野なのに、こんなに頑張れたのは、今もどこかで、意思表出の権利を侵害され、理不尽な環境に置かれている方が、一人でも減って欲しいから。
精一杯お話しました。
辛くてずっと話せなかった時期の事も話しました。
届いたでしょうか?
私たちの思い。
私たちの願い。
届いていますように。
posted by こうまま at 00:00| Comment(0) | 講演会・勉強会

2020年02月24日

TEACCHコラボレーションセミナー

土日は京都でした。
TEACCHプログラム研究会なら2年に1回のコラボレーションセミナー。
カンファレンスニッポンが夏で東京だから、冬の京都での開催なのかな?

今年は新型コロナウィルスの関係でさまざまなイベントが中止になる中、発熱や咳症状のある方は参加できない、という形で開催されました。
主催者側にも参加側にもドクターいっぱいのセミナーなので、先生方がやるって言ってるなら大丈夫なのかなーって感じで、アルコールスプレー持参で臨みました。

カラ・ヒューム博士の分かりやすい説明と重松さんの相変わらず見事な安定した通訳で、納得と気づきと嬉しさでいっぱいになりました。

2D7ED53A-CE4C-4017-936E-66DA562B6956.jpeg

交流会では恒例の諏訪先生のとツーショットも撮ってもらえて、大満足。

2日めは支部からの実践報告。
我が愛知支部から、山田理恵先生の実践報告があるので、支部のみんなで最前列で応援しました。
とっても素敵な報告でした。

そしてそして。
な、な、な、なーんと。
2007年のノースカロライナ研修でご一緒した大阪のお二人に再会!!
びっくり&嬉しい
こうくんが10歳で、もう、どうにも出来なかった頃に切羽詰まって参加した海外研修。
多分、参加されてた支援者のみなさんは、「あのお母さん大丈夫かなー」って心配してくれていたと思います。
なので、穏やかな青年に育ったことを報告できてよかったです。
できることなら、もっといっぱいお話ししたかったです。

気づきと学びいっぱいの2日間。
お泊りで行けたのはひとえに家族のおかげ。
今後のためにも
お土産は最重要アイテムです。
251B2950-A92A-4672-AB7A-B360505726C9.jpeg
相方に依頼された阿闍梨餅もゲット!
会場1階のオシャレなお店にあった久遠チョコ
会場隣になんとあの有名「生」食パン乃が美が。
そして、写真にはありませんが
何故か生八つ橋が大好きな娘のために生八橋も大量購入してきました!


posted by こうまま at 10:25| Comment(0) | 講演会・勉強会

2018年09月23日

スーパー又村塾@つぼみプロジェクト部

今年もつぼみプロジェクト部に又村あおいさんが来て下さいました。
会場は普段ゆうのお勉強会で使っている豊川プリオ。(企画者の特権ですね)
慣れた会場は気が楽。

今回は、プロジェクト部の原点に戻って虐待防止。
これまでに何度か取り上げてきたテーマですが、今回は新しい切り口。

「改めて考える 虐待防止と行政へのアプローチメソッド」又村あおい氏

又村さんに資料を送っていただいて、それを見た瞬間に「うわっっ」と叫んでしまいました。
プロジェクト部のセミナーはグループワークが目玉なのですが、これはすごいワークになりそう・・・と。
なので、部長カイパパとも相談して、定員50名を30名に減らしました。
減らして良かったです。

1E5DC638-DE39-4D66-8279-0CF3536CDD5A.jpeg

カイパパの導入が秀逸でした。
「どうして私たちは虐待を無視・軽視してしまうのか?」について
「公正世界仮説」「正常性バイアス」「恒常性維持」という3つの単語を使って丁寧に解説してくれました。
ああ、確かにそうだよなぁ・・・・自戒。
でも、それじゃダメ、ほんとに。何とかしなきゃ。
って、参加者の体温が1度くらい上がったところで
又村王子登場。

6D9843D6-ADA7-4BD7-B476-03555A0ED103.jpeg

又村さん
オーラ出てました。後光だったかも。
あの場にいられた私たちは幸せでした。
タイミング的に
名古屋の某養護学校の暴行動画が流れたばかりでもあったので
それはそれは熱量の多い又村節炸裂でございました。

ちなみに。
虐待と暴行は違います。
暴行は犯罪なので逮捕です。
そーだ、そーだ!!

さらに。
虐待防止法では、学校や病院は通報対象になっていません。
成年後見制度みたいに、国連が「それNG!」って言ってくれたらいいのに!!
又村さんのお話を聞きながら、そんなことを思いました。

懇親会もすごくて、後でカイパパと「録音しておきたかったね」って話しました。
新井さんが語り、又村さんも丁寧に応じてくださって。
私たち親は、きちんと聞いて考えて教え導いてくれる支援者の前では素直に語れるのだなぁと実感しました。
個室がとれてよかった。
個室じゃないとあの内容は無理だったと思います。

CF2F8DD4-AA63-4D13-8840-9820E0BDDAB3.jpeg

おいしいお肉と中身の濃〜いお話
充実した時間になりました。
posted by こうまま at 23:29| Comment(0) | 講演会・勉強会