2022年06月10日

ピーターがっ!


EBD07376-4B03-4F15-84AA-EFFD587FD661.jpeg
家の前の皮を挟んだ向こう側に野うさぎが!
この地に住んで21年。
野うさぎ、初めて見ました。
本来、夜行性なので、なかなかお目にかかれないそうです。

そして
4ADD3389-ABD1-460D-AC00-5182DFB93593.jpeg
今年もカルガモの夫婦が来てます。
どうか、今年は、子育て成功しますように!
カラスが来ませんように。

posted by こうまま at 20:32| Comment(0) | つれづれ

2022年04月23日

お誕生日はいくつになってもお誕生日

birthdai2022-1.jpg
57歳になりました。
相方からお花を、娘からハンカチをもらいました。
そして
オンライン女子会(?)で
卒業と合格と誕生日をお祝してもらいました。
感謝!!
いくつになっても向上心をもち、学び続ける仲間がいることは
本当に有難いことだなと思います。
posted by こうまま at 00:00| Comment(0) | つれづれ

2022年03月19日

祝!!2度目の卒業式

grd-1.jpg

日本福祉大の学位授与式に行ってきました。
何しろ、スクーリングも演習も全部ZOOMで
この2年間、孤独との闘いだったので、式には出ようってことで。

相方とばあちゃんの許可が降りたので(笑)せっかくの機会なので、袴にしました。
当初はスーツで、と思っていたのですが、通信の社会人も袴の人多いよ、とT先生が背中を押してくださったので。
朝から良い天気!
相方が「アナタの魔力だな!妖力か!?」と。
なんでもいい。嬉しい。
会場の美浜まで、結構長い道のりなので、着崩れしないようにきっちり締め上げてもらい
風が強かったので、前髪はがちがちに固めてもらいました。

学位(福祉経営学学士)頂きましたっ!
感無量。
私のわがままを許してくれた、相方、ばあちゃんに改めて感謝。
大学に着くまでドキドキでしたが、年配の袴仲間も結構いたし、同年代または先輩と思われる方もいっぱい。
学び続けることの大切さ、学べることの有り難さをしみじみ感じた時間となりました。

posted by こうまま at 00:00| Comment(0) | つれづれ

2022年02月13日

2年間の女子大生?生活の巻

shiken-1.jpg

ちょうど2年前
今の自分の中途半端な知識では、相談支援専門員として利用者さんに不利益を与えてしまうと明確に自覚して、日本福祉大学の通信への編入を決めました。
教育学部出身の私には、福祉の知識があまりにも欠けていることはわかっていたから、その都度、必死に調べて頑張ってきたけど、もっとしっかり学びたい!!
折しも、息子殿がびっくりするほど穏やかになってきていたので、義父母の介護が始まる前がチャンスだと思って。
(結果、じいちゃんの自宅看取りはありましたが。)
コロナ感染が広がり始めていた頃で、自宅で学べるオンデマンドは魅力的でした。
んがっ。
オンデマンドは孤独でした。
@ひたすらオンデマンドで一方通行の授業をうけて、メモしまくって。
A春夏秋冬の修了試験に向けてノートまとめして、試験勉強して。
B相談援助演習にむけて、必死に1人ワークして。
そんな、1年半を過ごしました。
posted by こうまま at 00:00| Comment(0) | つれづれ

2022年02月06日

56歳、国家試験に挑む

shiken-2.jpg
極寒のセントレア隣の国際展示場で
第34回社会福祉士国家試験を受けてきました。

試験には、これらで挑みました。
@前の週の介護福祉士試験を受けた知人が極寒で毛布持って行けばよかったと言ってたので、ムスメのお昼寝毛布借りて、ホッカイロ山ほど。会場は国際展示場のホールで、休憩時間に機材搬入口のシャッター全開という大胆な換気方法だったので、大いに助かりました。
防寒はコロナ禍の受験対策の要ですね。
A試験開始前、周囲の方々が参考書などを広げている中、息子と相方が雪の降る中下山して買ってきてくれたお守りを握りしめて、「マークミスしないためにすること3箇条」をずっと唱えてました。(参考書とか持っていかなかった。何故か、持っていかないもんだと思ってた。笑)
Bお昼は眠くならないように、腹八分目でブドウ糖がいいと、日福のなんちゃら通信に書いてあったので、その通りにしました。結局食べたのは、ゼリーとおこわおにぎり。チョコバーは帰りの電車の中でバクバク食べました。
Cマークシート用シャープ1.3mm。鉛筆にしようか迷いましたが、使い慣れてないので、模擬試験でいろいろ試してこれにしました。快適だったです。
時計は途中で電池切れしたら泣くので、スペアを用意。
年末から受検モードに入って美容院いけなくて、前髪邪魔すぎたので、ぱっちん止めも持参。

ガチの本気モードで。
posted by こうまま at 00:00| Comment(0) | つれづれ

2022年01月10日

法要

239BC2AF-B032-4D73-B907-E55ED362424D.jpeg
私は七日七日の法要を知りませんでした。
初七日の後は四十九日だと思っていました。
本来は七日ごとに法要があるのだそうです。
で、この辺りはそれが残っていて
七日ごとにお寺さんがきてお経を唱えてくれます。
この期間を「中陰」といい、お裁きをうけているのだそうな。
なるほど。

で、ようやく今日が四十九日。
14C4B816-3A7F-43B2-927A-C4594FD7ED47.jpeg
祭壇がなくなりました。
じいちゃん
成仏できたのかな。

納骨がすみました。
私の生まれたところでは、骨壷を納めていましたが
この地域は最近まで土葬だったそうで
一族でお墓にお骨を納めるのはじいちゃんが、初。(まぢか!)
驚いたことに、骨壷はなく
墓石をどかして、骨を直接落としていきます。
親族が交代でじいちゃんをお墓に納めました。
ちょっと衝撃的な納骨でした。
地域によって、ものすごく違うのですね。

これで、一区切り。
次は初盆かな。
わかんないけど。
posted by こうまま at 00:00| Comment(0) | つれづれ

2021年12月31日

静かな年末

5B6AC767-7E32-4606-B356-08A7F94C4ECC.jpeg
喪中なので
お供え餅は作りませんが
食べるお餅はつきました。
いつものように、イチゴ大福も、ばあちゃんの混ぜご飯も。

大晦日は、いつもとは違います。
A8BC985A-231F-4793-B32A-60D34DB29074.jpeg
息子殿も、正座して。

posted by こうまま at 00:00| Comment(0) | つれづれ

2021年11月28日

義父が逝きました

gp-1.jpg
じいちゃんが、逝きました。
脈がどんどん弱くなって
あ、これは、もう、本当に息が止まっちゃうと思ってからほんの10分。
とても穏やかに。
祝日の朝だったので、家族みんなで最期を看取れて良かったです。
じいちゃん、お疲れ様。
人気者だったから、みんなが入れ替わり立ち替わり、お別れにきてくれました。
昔の写真をスライドショーにしてTVで流していたので
みんながっそれを見ながら、思い出話。
それを聞いて、ばあちゃんが笑ってて・・・
自宅だからできること。
お葬式はお寺で身内だけでやりました。
こうくんも、ヘルパーさんのサポーで参列できました。

思えば
親族会議でじいちゃんを自宅で看取ると決めてから、親族がひっきりなしにお見舞いにきてくれて。
数日前に沖縄に嫁いだ孫(看護師)が9ヶ月の身重なのに「産んでからって思って間に合わなかったら後悔するから」と来てくれて、サクッと口の中キレイにして体拭いてオムツ替えて、沖縄に戻って行った。
岡崎市内に住む30代の孫たちが1〜7歳のひ孫を連れて入れ替わり立ち替わりやってきた。
じいちゃん、もう、わかってなかったかもだけど、幸せなことだと思う。
在宅介護の良さだと思う。
ただ。
私とばあちゃんは、毎日、不安だった。
とても、とても。
痰がからまって、ごふっとすると、ひーって、なって
ばあちゃんと二人でオタオタして、訪問看護歴10年で現在ケアマネのお義姉さんに動画を送って対応を聞いてしまった。
連日。
熱が出ると、診療所に電話してしまう。(24時間OKなのは、ホントに有難い)
血迷って救急車を呼んでしまい、診療所の看護師さんにたしなめられた。
「家で看取られるんでしょう?」と。

家で看取ると決めたけど、何の覚悟もできてなかった。
医療的な処置の無い、いわゆる「老衰」だから、見守るしかないことは重々わかってたんだけど、不安で。
知識もスキルも経験もなかったから。
「在宅介護」って訪問看護に支えられているんだなと実感した。
posted by こうまま at 00:00| Comment(0) | つれづれ

2021年09月01日

ワクチン接種

wc-1.jpg
1回目のコロナワクチン接種
息子殿は「なんか刺されたぜ」アピールくらいで、熱も出ませんでしたが
娘は、接種直後に倒れてベットに運び込まれていました。
やはり人それぞれです。
ちなみに、私は38.5度まで上がりました。
打つも打たないも自由ですが
打つと大変なことになる人もいるので
何とも言えないですよね・・・・
posted by こうまま at 00:00| Comment(0) | つれづれ

2021年05月29日

おさんぽ

ここ最近、相方がお散歩がてら、たんぼの水回り(水の量の確認?)をしに行くので、一緒に行っています。
sanpo-1.jpg
この棚田は、昨年、棚田地域振興法に基づく指定棚田地域に指定されています。
うちの田んぼもはいっています。
シロツメクサを見るとついつい編んでしまう悲しいサガ(笑)

ここは、帰国直後にどこにも受け入れてもらえず、行き場のなかった私と息子が日がな一日過ごした場所でもあります。
いろいろな思いがよみがえってくる場所です。

kamo-1.jpg
つがいのカモがいて
卵産まないかな〜
ヒナがかえったらかわいいだろうな〜
なんて思いながら見守ってます。
posted by こうまま at 00:00| Comment(0) | つれづれ