2006年09月29日

TEACCH視察研修報告7

【キャンプ・ローヤル】

CR1.jpg
サークルタイム
歌って踊っておりました。

自閉症協会が主催するキャンプ・ローヤルは、元々は夏の間のみのキャンプだったそうですが、現在は恒久的なキャンプサイトになっていて、1年中色々な団体が利用しているそうです。
初期は親の会が運営し、家族が参加してTEACCH部が協力していたそうですが、現在は親のレスパイトの意味合いが濃くなり、支援者のみで運営しているとのこと。
始まりはいづこも同じ・・・なのですね。

現在、スタッフは研修1週間を含めて夏休みは11週間(!!)キャンプしてます。
キャンパー(利用者)は1週間の参加で、日曜日に来て金曜日に帰宅。
運営費はキャンパーからスライド制($70〜$1000)で徴収。
州からの補助があります。
常勤スタッフが3名、外にアルバイトが適宜。
10名の障害者を支援付きで雇用していて、1対1からアパートでの自立生活者まで雇用の形態は様々。

キャンプは訓練ではなく、楽しむプログラムにしているそうですが、きっちりタスクは山のように準備されていました。

CR3.jpg
マッチングの課題。
ミニカーの実物にベラクロがくっつけてあって、それをカードの写真とマッチング。

CR2.jpg
是非ともこう父に製作して頂きたいと思って撮影してきたワーク用デスク。
使い勝手良さそう〜〜〜。

CR4.jpg
体育館での体操はサイコロで。
こうゆーのは楽しいですねぇ。

1週間のキャンプなんて、想像出来ませんが、親にとってはものすごいレスパイトですよねぇぇぇぇ
プログラムが切れ目なく組まれていて、次にすることが明確になっていました。
そういうの、安心ですよね。

やってみたいっっ。
posted by こうまま at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | TEACCH部視察研修

2006年09月09日

商品になるもの

GHA(自閉症グループホーム)のディサービスやカロライナ農場などで利用者さんが作ったものをアルバマーレのマーケット駅で売っていました。
日本でいうところの朝市みたいな感じ。

CFasaichi2.jpg

手作り石けんや苗木など。
売り子さんは障害者2人とスタッフ2人(ここでも1対1)

CFheerb1.jpg

ハーブのビネガー
コレは、オシャレで可愛かったので、商品になるなぁと思いました。
posted by こうまま at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | TEACCH部視察研修

2006年09月08日

ご褒美と言えば・・・

CLLCでいい強化子の使い方をしていました。
使える方は多いかも知れないので(こうくんは無理ですが・・笑)アップしておきます。

gohoubi1.jpg

左ページに2種類ずつ3パターンの活動の計6枚の写真
その中から、自分のしたい活動を一種類ずつ3つ選びます。
PECSのセンテンスストラップ(I want〜)を使っています。
選んだ3つの活動を右ページ左側に縦に貼ります。
これが活動スケジュールになります。
右ページの右側には3分割された車の写真(これが強化子)
一番下にはその写真を貼ると完成する車の写真(パズルみたいになっている)
今、活動が2つ(掃除とシュレッダーだった)が終わって、2枚のパズル(強化子)が貼ってある状態。

gohoubi.jpg

最後の活動(ゴミ捨て)が終わると、活動カードをフィニッシュホルダーに入れます。(一緒にファイルしてある)

gohoubi2.jpg

最後の強化子がもらえて、車の写真完成♪
ドライブに行ける・・・みたいです。
頑張って良かったねぇぇぇえ

って感じです。
ポテトチップの写真3分割の強化子を使っている方もいました。
モチベーションって大事ですよね。
posted by こうまま at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | TEACCH部視察研修

2006年09月07日

我慢のご褒美

ghJ1.jpg

ghJ2.jpg

GHAの高機能の成人向けグループホームにあった支援ツール。
やっちゃイケナイことが3つある方らしく
やらずに我慢できたら好きなお菓子ゲット(○)
我慢出来なかったらお菓子ダメ(×)

一緒に見学していた数人で「これはどうなんだろうね〜」という話をした記憶がある。

これは相当レベル高いよな〜と思っていたが、案外近くに必要としている人がいたので、公開しておきます。

今日、支援ツール勉強会だったのだけれど、毎回後半は「相談会」になる。
我慢させる時のバッテンマークの話が出て
そのお母さんがどうしても「×」を使ってわざとやるイタズラを止めさせたいらしい。
で、本人もよく分かっている子で、イケナイことをしながら×を自分で出したりしてるそうだ。
注意喚起でわざと漏らして、自分で「×だね〜」と言われた日にゃぁ、お母さんだってストレスたまりまくりだろう。
で「息子より先に×出して戦うわ!!」とおっしゃるので
「×だして我慢出来たら何のご褒美あげるの?」と聞いたら
めっちゃ驚いて
「そんな事、考えたこともないかった」と。
うん、考えないよねぇ。
私も考えたことなかったもん(爆)
でも、考えたら当たり前の事だよね。
我慢するのってメッチャ大変なんだから。
大人だって我慢した後はご褒美欲しいもの。

で、さっき、ネット友のブログを見ていたらまたまた、同じようなものを発見。
「噛んだらダメ」のマーク
是非とも、我慢出来たら、ご褒美あげてね。
そして、それが我慢出来たご褒美であるとわかる形で。
チョコ上げるから我慢しなさいじゃなくて、噛もうとしたのをちょっとでも我慢出来たらご褒美、ですわよ〜。
posted by こうまま at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | TEACCH部視察研修

2006年09月02日

TEACCH視察研修報告6

【個人スケジュール考察】

個人スケジュールはもちろん10人10色なのですが
今回よく見たのが下のタイプ

cllc10.jpg

左側が「to do」で今からやることのカードを貼る
右側が「finished」で終わったカードを貼る

携帯するファイル型の個人スケジュール(絵や写真カードの)ブックは、この左右にはるタイプの方が多かったと思います。
もちろん、はがして一緒にファイルしてあるジプロックに入れるというスケジュールブックを使ってる方もいましたが。

kojinsuch1.jpg
SASというIT企業で就労している方の作業スケジュール。
仕事場の隅に全員分のスケジュールが置いてあり、文字の方もいました。
一日分が1冊のファイルになっていて、左右に同じ絵カード。
終わると左のカードを右のカードに重ねる。
彼はそのスケジュールブックを「ボス」と呼んでいました。

cllc9.jpg
CLLCの入所者のスケジュールブック
本人は持ち歩けないので、支援者が活動場所に一緒に持っていく形でした。

なるほど〜〜〜
先入観を持ってしまうのは、イケナイですね。
済んだものはとにかく「終わり」ボックスに入れて見えなくしなきゃと思っていました。
どちらかと言うと「手順書」にそのタイプが使われていました。

cllc5.jpg

先日やった「支援ツール学習会」で、あるお母さんが「うちの子は終わったことを確認しないと気が済まないので消さずに残す」とおっしゃっていました。
別のお母さんは「うちは斜線やバッテンでも納得しないから、切り捨てている」と
人ぞれぞれなのですよね。

こうくんは赤枠がお好きな気がしますが・・・・それも思いこみかも知れないので、よく観察してみます。
posted by こうまま at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | TEACCH部視察研修

2006年08月31日

おまけ1・筋トレする佐々木先生

GHA(報告3・4参照)から派遣されてYMCAのランドリーで働いている方がいるということで、YMCAの見学をさせていただきました。

働いていると言っても、ボランティアベース(無給)です。
YMCA1.jpg
こういった作業は構造化しやすいし、単純なので自閉さん向きですよね。
大きさと種類がそれほどなくて、決まってるから。

で!!
YMCAなので、筋トレマシーンが山のようにあるわけです。
もう、筋トレヲタクな私はそれだけでも嬉しくて、見たことのない器具に釘付けだったのですが、なぁんと佐々木先生がやり始め・・・

YMCA2.jpg

「きゃぁっっ、先生っっ。撮ってもいいですか??」
「これを撮られるとは思っていませんでした(笑)」

お宝映像でしょ?
転載不可ですから〜〜
(っていうか、今までの写真も勝手にコピーして保存しちゃダメですよ。但し、記事のまま印刷してご家庭で参考にされるのは全く構いません。どうぞお使い下さい)
posted by こうまま at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | TEACCH部視察研修

TEACCH視察研修報告5

【重度者の日中活動の場】

cl3.jpg

クリエイティブ・リビング
自閉症協会の運営する日中活動の場。
視察の中の位置づけとしては、1対1の援助付き就労の例として紹介されたが、実際は就労支援の意味合いは薄く、ボランティアベース(無給)の作業がメインで、重度の方のディサービスという印象。
もともとは親たちが重度の子のための学校卒業後の日中活動の場を求めて建てたもの。
ほぼ1対1で支援者がつき、かなり重い方が活動していた。
ただし、この地域に住んで通っている方達なので、小さい頃から視覚支援を受けており、実物提示の方はいない。
タスクもかなり初歩的なものが多く、ここに通う方の障害の重さを想像させる。


cl4.jpg
食べ物を選ぶボード
このタイプは、かなり多くありました。
このレベルはやっぱ、食べ物しかないって感じ?(爆)

cl5.jpg
スケジュールボードですが、カードが二重になってたので、使い方を聞いてみたら、2枚一緒に持っていって、活動場所で分けて使うとの事。

例えば↓
cl6.jpg
なるほど
手洗いとランチはセットですものねぇ。

cl7.jpg
作業の合間にアクティビティなのか、アクティビティの合間に作業なのか・・
おもちゃ、充実してます!!

cl9.jpg
パズル柄のマグネットリボンの発送作業のワークシステム

cl11.jpg
駐車場に止まってた車にも・・

当たり前ですが
最重度の子は最重度のまま成人します。
障害自体が軽くなったりはしないのです。
そのままで快適に過ごせるような「手だて」や「環境」を考えるのです。

それでいいんです。

何か、自分に言い聞かせてどうするって感じですが。
私にとっては、原点に戻ったという感じのする施設でした。


この記事を書くために、私には時間が必要でした。
ここに通ってる方達は、何しろ小さい頃からノースカロライナのTEACCH部で療育を受けて来た方達なわけですから。
その事実を正面から受け止めないと前には進めません。

中途半端な気持ちで書いているわけではありませんが、あくまで、私見ですので、疑問のある方はどうぞご自分で確かめてきて下さい。
posted by こうまま at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | TEACCH部視察研修

2006年08月23日

TEACCH視察研修報告4

【CLLCにおける実物提示】

CLLC(Carolina Living and Learning Center)
TEACCHが直営する数少ない施設の一つ。
全米の施設から「最も対応が困難」であると言われた成人の自閉症者が集められ、その中から更に困難な5名に絞り1990年にスタート。
現在30代〜40代の方15名が生活している。
他に通所者2名。
別の施設に移った方はいるが、地域に移行した例はない。
広大な敷地に作業棟や居住棟がゆとりをもって配置され、農作業などへの取り組みもしているが、小舎制の入所施設の感は否めない。
男女が同じ居住棟に住んでいる。
スタッフがほぼ1対1で対応し、大変手厚い


このCLLCでで、実物でのスケジュール提示の方が2名いらっしゃいました。

obSch1.jpg
赤いカードに本人の写真が貼ってあり、このカードを渡す=スケジュールをチェックしにいく、になる。

obSch2.jpg
本人がカードを所定の位置に置く。

obSch3.jpg
次の予定はこの赤枠の中に置かれる実物で示す。
提示するのは1つ(次の予定)のみをスタッフがセット。

obSch4.jpg
クッションならベットに行って休みなさい。
スプーンなら食事なので台所に行きなさい。
本人が実物を持って指示された場所まで移動します。

かなり「そのまんま」の実物を使っていて、目が点になりました。
ご本人は本当に「最重度」の方でしたが、コンポスト作業をされていました。

もう一人の方のスケジュール棚には、タッパーが並んでいます。
obSch6.jpg
左がスケジュールチェックのカード入れ。
右側3つのタッパーに予定を入れます。

obSch7.jpg
スケジュールチェックの方法は1人目の方と同じ。

obSch8.jpg
次の予定をタッパーに入れます。
混乱しないように、他のタッパーの蓋は閉めます。

obSch9.jpg
提示する実物が見えないように黒い布で覆ってあります。

obSch11.jpg
    ↓
obSch10.jpg

@食事なので台所へ
Aベットで休みましょう

3つ終わってから、改めて@のタッパーにスタッフが予定の実物をセットします。

唸ってしまいました。
ベタ付きでないと無理・・・。

そして
私が今までこうくんにいかに無理をさせてきたかを思い知りました。

私たちだって、能力の限界までフルに利用して日々生活している訳じゃない。
そんなことしてたら、気が狂う。

生活は無理のない、丁度良い加減でなきゃ成り立たない。
ただ単に「理解出来る」とか「分かる」ではなく
「無理なく分かる」方法で提示しなきゃ、疲れちゃうよねぇぇぇぇ。

この施設を見学した後、佐々木先生に最重度者への支援や地域移行に関するモヤモヤ感をぶつけて、ばっさり切られ、久々に大泣きした私だったのでした。(これについては、機会があれば又書きます。)

で、書いた記事2つ
大泣きの理由〜地域生活〜
地域交流
posted by こうまま at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | TEACCH部視察研修

2006年08月18日

TEACCH視察研修報告3

【ディ・サービス】

GHA(Group Homes for Autistic)自閉症グループホーム(という会社)が提供する成人ディサービスのサマープログラム。

GHA-d1.jpg

印象としては、日本の「小規模作業所」といった感じです。
でも、めっちゃ広かったですけども。

通所者の作った作品(ビーズ小物やサンダルなど)を販売していて、「販路拡大がテーマで、いろいろ考えてるのよ」と言ってました。
日本でも同じですよね。

DWs2.jpg
やはり、一番多いワークシステム。
ただ、小学校とはタスクの「量」が違う(笑)
棚に並ぶタスクや材料を見ると、その机の利用者の得意なものが一目瞭然!!(ここ重要)
好きなモノ、得意なモノを中心にしてるんですね〜〜〜。

さて、ここにも実物提示の方、いらっしゃいましたo(*^ー ^*)oにこっ♪

Ob2.jpg
カセットケースやジプロックにオブジェクト(実物)が入っていて、外側に文字で「車」とか「台所」とか書いてありました。

Pm1.jpg

カードだけなら封筒のようなカードポケットで済むのですが、実物提示の方もいるので、厚みのあるケース(フォルダー?)を使っていました。
活動場所ごとにこのケースが貼ってあります。
中を見たらカードは1種類(線画)のみで写真カードはありませんでした。
トランジッション・エリア(多分自分の机)のスケジュールから自分で次の活動のカードを持ってくる人もいたし、スタッフが次の活動の実物を渡してる方もいました。
ホントに一人一人に対して違った対応をしていて「手厚い」と感じました。
スタッフがほぼ1対1だから出来ることかもしれないですが・・・
posted by こうまま at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | TEACCH部視察研修

TEACCH視察研修報告2

【自閉症児クラス】

GHA(Group Homes for Autistic)の運営する公立小学校の中にある自閉症児専門の教室。
class1.jpg

GHAは、その名の通り、元々はグループホームから始まったのだけれど、28年の歴史を経る間に、ディサービスや公立小学校の教室運営まで幅が広がってきたそうです。

全生徒数500名の公立小学校の中に、4名の自閉症児クラスがあります。
LDやADHDといった発達障害の子ども達のためのサービスは全米規模で行われている特別教育の支援サービスがあるので、対象の子どもはそちらで支援を受けています。(リソースルームとかで・・ね)

当然ですが(TEACCHで、という意味で)壁に向かって机と棚が設置され一人一人に個別の空間が設定されています。

Ws1.jpg
よくあるごく一般的なワークシステム。
TEACCHの本ではお馴染みのスタイルです。

ただ、知らない方がいるかもしれないと思ったのは→部分の「First&
Then」

Fs1.jpg

このレベル(足し算・引き算)のタスクができるお子さんでも「今と次」の2枚のスケジュール提示をしています。
これはちょっとビックリしました。
確実に分かるまでは上の段階に進まないのです。
「失敗経験をさせない」というTEACCHの理念ですね〜。
これに関しては、失敗して学ぶことがこうくんの場合結構あるので、私自身は全面賛成ではありませんけども、モチベーション維持のためには大切な事だと思います。


さて・・
このクラスに一人だけ「実物提示」のお子さんの机がありました。
当然、こうまま釘付けで、スタッフの一人に質問しまくりました(笑)

Ob1.jpg
彼のオブジェクト・キュー

タスクも現在こうくんがやってる「入れる」や型ハメなどのごくごく初歩のものばかりでした。
そして、やはり特筆すべきは、隣に設置されたロッカーでしょう。

ObR1.jpg
鍵付き収納棚(激爆)

いずこも同じなのです。
オブジェクト・キューもシューボックス・タスクも出しておいたら破壊されちゃうのだそうです。
なので、鍵付きロッカーからその都度スタッフが出しているのだそうです。
ははは・・・
どこぞの家のロッカーみたいですなぁ。

システムは、
次にやるべき事を実物で示して、その実物を持って移動し(その実物を置くべき位置が設定されている)活動を遂行したら、支援者がまた別の実物を手渡す
という、ごくごくシンプルなもの。

庭で遊んでるこうくんに、タオル見せて手洗いへ誘導し、お茶碗見せて夕食を知らせる・・・
幼児の自閉ちゃんの親なら誰でもやってる事ですよね。
ただ、障害が重いとその期間が長〜いってだけの話です。

養護学校の先生が「行事参加の練習」について質問されていました。
「そんな意味のないことには参加しないから練習もしない。仮に保護者がどうしてもそれを望んだら、自分たちはプロであることに誇りを持って説明し保護者を説得する」と。

まぁ、この辺り、行事の多い日本の学校とは事情が違うので何とも言えないけれど、「そういう選択もアリ」であることも知って頂けたらと思います。
集団での行事に参加することが無意味だとは思いません。
ただ・・・限度ってのはあると思います。

サマープログラム中のちょっと学校が休みの日にお邪魔したわけですが、話のニュアンスから、どうも子ども達が親元に帰っていないような印象があったので、そこをちょっと突っ込んで聞いてみました。
そしたら、ここに来ている4名の子ども達は、行動の問題が大きいために、親御さんが育児出来なくてGHAに預けられた子ども達だったのです。
普段はGHAの子供用グループホームに住んでいるから、、当然休暇中も家ではなくてグループホームにいるわけですね。

ノースカロライナにおいても、やっぱり現状は厳しいのです。
育てられないくらい問題行動のある子はやっぱり存在するし、そういった子は親元離れた生活を余儀なくされていて、親元に戻すこともなかなか難しいのです。
posted by こうまま at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | TEACCH部視察研修